オペラ 『大正時代のボエーム』

プッチーニ作曲「ラ・ボエーム」(放浪する芸術家の友情と愛を描いたオペラ)の舞台設定を、日本の大正時代に置き換えた「オペラ 大正時代のボエーム」で、深見東州はマルチェッロ役を演じた。第1幕 大正10年頃の谷中付近の下宿屋。 クリスマス・イブの午後。…

オペラ 『楊貴妃』

初めての中国語によるオペラ出演 5月30日と31日の2日間、北京の天橋劇場にて、オペラ『楊貴妃』が上演されました。 深見東州は、30日の初演に、遣唐使・赤雄役で出演しました。第1幕 「金:開元盛世」(1…

「十周年記念 崇寶会」

能楽師山内崇生師の直弟子の発表会「十周年記念 崇寶会」が、国立能楽堂で開催され、深見東州はトリとして出演した。半能『田村』シテ(坂上田村丸の霊):深見 東州ワ キ(旅の僧):野口 能弘笛:寺井 宏明小鼓:住駒 匡彦…

舞囃子「田村」

日本青年館で行われた新春を祝う行事の中で、能楽師渡邊荀之助師が仕舞「高砂」を、能楽師山内崇生師と和久荘太郎師が仕舞「小袖曽我」の二人舞(あいまい)を、深見東州が舞囃子「田村」を演じた。舞囃子「田村」シテ(坂上田村丸の霊):…